キメの粗い肌を改善したい・スペシャルパックでスキンケア

キメの粗い肌を改善したい・スペシャルパックでスキンケア

キメが粗い。ボコボコの状態の肌や毛穴は、ターンオーバーを促進して古い
角質と新しい肌細胞を入れ替えなくてはいけません。

 

そのためにはスキンケアや食事で効果的な美容成分を摂ることも必要ですが、パックを加える
ことでより保湿力を高めてキメを整え肌をふっくらさせることができます。

 

パックというのは、簡単にいってしまうと美容液をずっと肌にのせた状態にしてくれるので、
美容成分を真皮層まで浸透させられるアイテムです。

 

 

 

年齢を重ねると、頬がたるみ、毛穴の開きが気になってきます。

 

毛穴開きを放置すると、帯状毛穴になってしまうことも・・・

 

帯状毛穴はゆるんだ毛穴を放っておくとなると言われています。

 

毛穴は縦に伸びた状態で涙状毛穴という人もいるようです。

 

さらに放っておくと、レーザー治療でしか治せない状態にもなってしまうので、
日々のスキンケアで毛穴開きを改善しましょう。

 

 

 

卵白パックは、まずは卵1個分の卵白を泡立て器でメレンゲ状になるまでかき混ぜてパックを作ります。

 

これを洗顔でキレイにした肌にたっぷり塗り、乾いたらすすいで落とすだけです。卵白には、
肌細胞の修復をサポートするリゾチームや、保湿力に優れたアルブミン、肌細胞を作るアミノ酸が含まれているので
特に乾燥による毛穴開きやキメの粗さに効果的です。

 

ヨーグルトには新陳代謝を促進するビタミンAやコラーゲンの合成に欠かせないビタミンB12、
毛穴開きケアに効果的な乳酸が含まれています。

 

パックのつくり方は、プレーンヨーグルト大さじ2杯とはちみつ大さじ1杯入れてよく混ぜ合わせ、
適度な固さになるまで小麦粉を少しずつ加えます。

 

 

卵白パックもヨーグルトパックもデコボコ肌の修復に効果がありますが、できれば一定の期間で
交互に行うようにしてください。
毎日続けるのは大事なことですが、肌が慣れてしまうと効果が薄れてしまうので、10日間卵白
パックをしたら次はヨーグルトパックというように変えて行うと、さらに回復効果が高まります。